2018年2月2日金曜日

シンガポール年越し 2017→2018 (5)

■リバーサファリ

15時ごろからリバーサファリ、そのあとナイトサファリでどや!?という強行軍。
大丈夫か?

 入り口でーす

 まったく関係ないところにリス登場

入って見てから気がつきましたが、ここってお魚萌え、爬虫類萌えでないひとは
ぼーっと見て回ることになるのでした。

 ここでなぜかパンダ!

リバーサアファリなのに、パンダが一押しだという。謎めいた動物園だ。

 巨大な飼育空間は冷房完備。

 パンダまんなどグッヅ充実

くる時の飛行機で、MAGINE DRAGONSの「THUNDER」が流れていたのだけど、
THUNDER THU THU THUNDERがどうしてもパンダ・パパパンダって聞こえて、
ずっと脳内にリピートしてたんです。(0:45あたりからですな)

 まさにこれ。パンダ・パパパンダ

リバーサファリに来たら、ショーを見なくちゃね!
コツメカワウソがリサイクルの大切さを教えてくれるぞ。

 人気のショーを見逃すな!

 コツメ先輩は正しく分別するぞ。

リバーサファリでは大きな船に乗って河の縁をクルーズ・・・というのと、
ちっちゃなボートに乗って、動物園の中をボートに乗って回るという2つの舟モノがありますが、お若いの、大きな舟はやめなされ。

 世界三大がっかりと言わせてもらおう

 運が良ければ動物が見られるって?

これで何かに出会えたらすごい・・・と思った。やめなされ。
何か見えた!とおもったら、隣の動物園のキリンだったというがっかり感パねえ。

 もう一つの舟モノの小型ボート

 座ったまま行けるから楽だと・・・

楽だけど・・・・ううむ・・・一方通行で途中立ち止まれないからなあ・・・
見たい!とおもったところでじっくり見られないのはちょっと辛い。

 マナティーの水槽は素敵だった。

ボートから降りて歩いて見て回ったマナティーの水槽、これはよかった。
ものすごく広い水槽にマナティーが8頭も泳いでいて、これは圧巻。ゆったり見た。

ラスト近くにコツメカワウソが元気一杯に泳ぐトンネルがあって、楽しい!


 コツメトンネル(動画)

水槽の下をトンネルでくぐり抜けられるので、存分にコツメカワウソのお腹の動きが見られました。コツメ兄弟可愛かった!!


■ナイトサファリ

シンガポールの動物園で外せないのはナイトサファリ。
夜だけひらく動物園と聞いただけで、それは行かなくちゃだわ!!!


 1時間前から並んでしまった。

開演前には門の前に行列が。
世界中からやってくるのだな、動物好きな人々。
目が悪いのでとにかくショーの席(前の方)を確保しに走る。
アニマルショーではビントロングが出るという。一体何ができるのだビントロング!


 肩に乗って餌を食べるだけの簡単なお仕事です。

ショーが終わると、ビントロング先輩と一緒に写真も撮れるよ!

後はゆっくり歩いて夜の動物園を見て回ります。トラムは疲れてから乗ろう。
夜行性動物は元気一杯。コツメカワウソが闇にうぞうぞいるのが嬉しい。
ジャングルっぽいところがガサガサ言ってるなーと思ったら、野生のリス(飼育ものではない)が飛び出して来て、トイレの手洗い場ですれ違ったりして、嬉しいったら。

写真はブレブレで全滅でした。(笑)

 帰り際にせめて出口を撮ってみた



■USS ユニバーサルスタジオ シンガポール

シンガポールの最終日はUSS。いきなり土砂降り!で開園。
一番混む「トランスフォーマーライド」に向かってGO!
雨天のせいか、朝一のせいか、拍子抜けするほど空いていたという・・・

 音声は英語で字幕は三ヶ国語。


 外でたらは雨上がってた。

 バンボルビー?(名前覚えてない)

 脳みそチュウチュウ


 お次はマミー(これもライドもの)

 作り物が超絶でかい!

 ミイラ、わりとかわいい。

乗り物に乗って、お化け屋敷的に回るのかと思ったら、室内型のジェットコースターだったので驚いた!しかも急ブレーキかかって、カックン!と振り回されるし。
ある意味一番こわかった。一押しです。

 可愛い。ちょっと心が揺れた。

 想定外に並んだ・・・おのれ長猫

こういうところで1日中遊ぶ体力はないので、腕に再入場のスタンプを押してもらって
一旦ホテルに引き上げ。

 外に出てワンタン麺

 あーんどラクサ!



ホテルでは腕にビニールを巻きつけてシャワーを浴びたのだけど・・・事件が!

夕方に再入場でゲートに行くと、
スタンプだけでなく、初めに買ったチケットをみせろという!

やばい、チケット捨てた! ((((;゚д゚))))アワワワワ; 

そこで、カバンを探す小芝居をしたり、しばーらく係の人と問答繰り返す。
ふと、係の人が「カメラあるか?」「今日撮影した園内の写真をみせろ」
と閃いてくれたので、今日撮った写真をみせたらいれてもらえました!!!!
ふーあせったーー!!


夕方になると大行列が嘘のように短くなっておる。
人生最大の決心!世界一恐ろしいジェットコースターに乗りましたよ。

 ごちゃっとしておそろしい・・・

 俺的地獄への入り口!

このコースター、入り口で空港のような厳しいチェックがあり、ポケットにも物を入れてはダメなため、ロッカーに全てを預けることに。

 乗りました!めっちゃ逆さになります。

ジェットコースターで「きゃー」と叫ばず、
かわりに「おぽー!」と声を出すと、あんまり怖くないことを発見。
これからは、怖かったら「おぽー」「おっぽこぽー」と言ってみよう!!

そしてここでも事件が!
全てを預けたロッカー、指紋認証で登録してあるのだけど、何度やっても開かない!
めんどくさいから4桁コードを設定しなかったので、指紋であかないとアカンやん。

またしても係員と問答
「中にパスポートはないっているか?」→「ない」
「中に自分を証明できる免許証などは入っているか?」→「ない」
こ・・・こまった
「中にカメラはあるか」→ ( ✧Д✧)「Yes!!」
ここでやっと開けてもらえて、カメラの中の写真をみせて、自分たちが写っているのを確認してもらってOKとなった!!


【本日の教訓】
・入場券は帰るまで捨ててはいけません!
・園内ではランドマークで互いの姿の記念写真をとりましょう。

今日は2回とも写真に助けられたという話でした。


 最後にジェラシックパークライド

雨に降られるかと、雨合羽を持っていたのに、せっかく持っていたのに着なかった我々は大バカものでした。ええ、ジェラシックパークライドは濡れます。
確実に、ずぶ濡れです。
夏でよかった・・・それでも寒かった・・・・orz


 でも食べたよ、シンガポールのかき氷

紅豆氷とあったかき氷。
右上に写ってる黒いところがなんとも謎で、海藻を固めたのか??
トウモロコシが乗っているのも斬新でした。


■クレーンダンス

夕方狙いで言ったのは、20:00になると、無料で見られる噴水ショーがあるから。
クレーンダンスの「クレーン」は「鶴」と「クレーン(重機)」をかけてるのか?

 明るいときはこんなミジメな姿だが、

 夜は別の姿に、変身しまっせ。

 立ち上がったーーー!

 お腹のモニターに内臓がでるとは!

 水のカーブで羽ばたきを表現


 クレーンダンス全部(動画)

大型クレーン(鶴の形をしたクレーン)+巨大画面+噴水+花火のショーは大迫力! 前半はちょっとタルいけど、9分目からの展開は鳥肌モノでした。
何と言っても羽ばたきが水芸。うーつーくーしーいーー!!!


■ウイングス・オブ・タイム

こちらは有料の噴水ショー。21:00の回でみました。

 海の中に三角の板スクリーン

このスクリーンの後ろで、細かなミストの噴霧でウオータースクリーンが広々と映像を写します。

 板とウオータースクリーン

 飛び立ち感がすごい。

 水、レーザー、炎、花火の競演

 噴水すごいよすごいよ噴水


 ウィングス・オブ・タイム 動画

シンガポール、セントーサ島の夜のイベント「ウィングス・オブ・タイム」の様子です。
はじめは役者のみ。 1分20秒あたりからプロジェクションマッピングに加え、ウオータースクリーンがはじまり、9分目から噴水、レーザー、火炎、花火といろんな技術がてんこ盛り。19分半あたりからの怒涛展開!

シンガポール最後の夜にふさわしい、エンターテイメントでした。

シンガポール楽しかった!
羽田からという手軽さもあって、またチャンスがあったら行ってもいいな^^




































2018年1月30日火曜日

シンガポール年越し 2017→2018 (4)

■OCBCガーデン・ラプソディ

1/3の夜の部
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのスーパーツリー・グローブで、毎晩19:45と20:45に光と音楽のショーがあるというので、お昼寝で英気を養った後にお出かけ。
シンガポールでは夜になると、光や噴水のショーがあちこちで行われ、その多くが入場無料という嬉しさよ。

 夕暮れのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

 昼間とは別の趣になってきた。

 ライトが入って美しくも妖しい姿に変身。

 OCBCスカイウェイに人影がみえる。

高い高い位置からからショーを見ようということなんですな。
光が動くと思うんだけど、立ち見でクラクラしないのかな?

 下界では地べたに人だかり

まるで花火大会を待つ人のような感じ。シート敷いて席取りは万国共通だ。
あっちこっち動いて見ようね!と言ってたけど、始まったら身動きとれません。

 LEDとレーザーのショー始まった

 いろんな国の音楽が流れる

日本のパートでは「戦場のメリークリスマス」と「上を向いて歩こう」が流れて、
ああ、やっぱこれ世界的に名曲なんだよなーと感動。
インドの曲がかかった時、インド人が立ち上がって踊り出したのが映画みたいだった。

 あっという間の10分間でした。

 帰り道噴水もライトアップ



■スペクトラ

光と噴水、レーザーとウオータースクリーンへのプロジェクションをつかった夜のショー。マリナベイサンズの下で毎晩8時と9時に行われるので、これを見ずにシンガポールに来たといえようか?

残念ながらガーデン・ラプソディを最後まで見ると、8時の回を見ることは不可能。
9時の回を楽しみにゆるゆるとマリナベイサンズに向かう。

 サンズは下のショーで光ってる

 サンズに入ると巨大空間が広がる

 ビルなのに運河的なものがあるぞ

 そしてボート遊びに興じる人がいる

 上の階に行くと、渦巻きの水が。

この水がさっきの舟の階では滝になって落ちてるらしい。
朝にもう一度見に行ったら水が流れてなかったので、時間が決まっているのかもしれない。

 遊歩道の段々に場所取り

 ふおーー!始まった。

 霧に映像が投影される

 WOW!ファンタスティック!

落ち着いて撮影する気はナッシング、ただ見るのみ。
↓こちらは公式よりスクショさせていただきました。

 噴水に色が入るとまぢ綺麗

 常設の装置の規模が違う!

 すみません、噴水なめてました。

これ毎日やってるのかーー。
シンガポールうらやましすぎますぜ。
などと興奮を引きづりながら、マリナベイサンズのショッピングモールに入る。



■マリナベイサンズのショッピングモール


 モールの中に「チームラボ」の常設作品が!

 夜だというのに子供だらけ。

 魚がついてくる。子供走り回るよ。

 今度は墨のラインが気持ちよく伸びる。

まるでユーリ!!!のオープニングのようですな。人の後をラインがすーっと追う。
ブルーのライトでスケートリンクみたいに見えるし。


 中間層にヒーローショップがあった

 立体でスーパースターが勢揃い。

 このかたもいらっしゃる。怖い怖い。

 こちらでもSDキャラが流行ってるのか。

 あざとい!でも気になる柄だ。

 食べ物もこれだよ。あこぎかつ高い。

こういうのではお腹にたまらないので、下のフードコートに行く。
たっかいレストランから、リーズナブルなフードコート、なんでも揃ってる。
今日はあっさりスープのラーメンをいただきたく、ここを選んでみた。

 注文を聞いてつくってくれるよ

 この中から6つ選んで丼にいれるの

 でかい具は切ってくれたので、分けやすかった。

アチアチのゆでたて麺で、具材も美味しく、つゆは大豆出汁がきいててグーでした。
青菜がことさらにおいしかった。(輪ゴムで束ねてあったので、一瞬引いたけど)
腹ごなしにショッピングモールをふらふらと回遊。

ものすごくカラフルなショーウインドウを発見して近づいて見た。

 こ w れ w は w w w!!!?

  金色に輝くバニーーン! なんて偉そうな兎。

 ルイ ヴィトンて高いバックのアレか?

 これまた狂った空間である。本気か

 本気だ。なんでまたモネ???

 バルーンアートすげーー。

 ラインがえらい美しいな〜。

 ジェフ・クーンズという方が兎を。

・・・いや、バックのデザインを。

私が知らないだけで、アート界では有名どころ。
今回はルイヴィトンと組んで、モネ、ターナー、マネ、ゴーギャン、ブーシェの絵画を
ハンドバックにしてみましたという、そんな企画展示だったようですの。
公式には、絵画を動かした作品もあり楽しめます。

・・・・でもさー、言っては悪いけど・・・・これって欲しい???
すっごい高くて、割りに合わない感じ。

このバルーンは見ててテンション上がるし、きらきらしくてハレの日にはいいと思うよ。


だが断る! というくらい高いと。(鼻息荒)



■アートサイエンスミュージアム

1/4 チームラボの企画展をやっている、アート サイエンス ミュージアムへ。

  公式より、全景

 巨大なので、近くで見るとこう。

 池にはハスの花が咲いてる。

 匂いに誘われて蜂がブンブン

 海側には昨日の装置みえる。

 これが正面入り口

 写り込ませるために?鏡がおいてあった。

 天井部分の不思議が模様

雨水をとりいれトイレで利用とか、そんなことが書いてあったような・・・
中に入ると、この不思議な建物のアイディア長が展示されていた。

 天才の頭の中、こんなんかー!

 

 

ハスの花てっぺん近くの常設映像は、寝そべってこのアールにそった湾曲画面を見る
風変わりなシアターだ。


 明るめに撮ってみた

 絵合わせに撮ってみた

 これを見ます。シンガポールではどうかな?

はっはっは。
展示は撮影OKだけど、撮れるモノなら撮ってみろって・・・・ブレブレです。
↓は公式映像からのスクショ

 チームラボは体験型アート

 降ってくる文字を押さえると

 それに合わせた絵が飛び出し動く

日本では大行列で、誰のキューで動き出したかわからないくらいだけど、
ここでは悠々と独り占めなのでした!


■パークビュー スクエア 

帰り道、モスクでも見ようとBugisで途中下車。
モスク方面に歩いて行くとなんかすごい建物が見えた。

 玉ねぎがみえる。モスクはあっちだね。

 右も左も変な建築だけど、あの彫像は何?

 ここはシュテルンビルドか

 バニーちゃんのお家の前みたいだ。

 藪から棒にアート!ビルの壁面もかっこいい。

 伊藤潤二の「うずまき」みたい。

 ますます「うずまき」!巻いております。

 渦の正体はうなぎだった(笑)

 これポスターで見たやつだ

 これも有名どころ・・・ボテロらしい。

 のびてるのびてる・・!

ビルの中にも入って見よう。一体ここは何のビルなんだろう?

 うひょおおおおおおお!!!

 なにこのアール・デコな内装。

 秘密結社かゴッサムシティーか。

 オフィスビルの受付には見えぬ。

 このフロアはBarらしいです。

  天井付近は洞窟壁画みたいだし。


 パーツはスチームパンク魂だし

 Parkview 1の上は貴賓席なのかしら。

 シャンパンクーラーって この人のHP にあった。

 装飾品が綺麗すぎる!!

 重厚。そして民族主義。

 これがトイレの入り口だと・・・?

 このマークが女性ね。ムスリムな感じ。

 〜世界のトイレから〜 パークビュースクエア 

入っていいんですか?本当にトイレだよね・・・ってドキドキ。
天井付近が鏡張りで、照明もぐっと暗くて、秘密結社のアジトへの入り口っぽかったのだ。

 中は普通だが、intel入ってる!

 ゴミ箱がエヴァンゲリオンかと思った。

ビル全体は美術館とバーを含有する複合ビルで、基本オフィスビルらしい。
ちょうどお昼時で、エレベーターからどどどっと会社員がでてきた。
入り口で手続きして3Fのパークミュージアム(無料)に入ってみた。

 ソ連の国旗みたいな鎌とハンマーだ。

 せんとくんの自殺・・・にしかみえない。

 これが今回の展示ポスターになってた。

 サクッと見て出る。こんなエレベーターホール。

 アラブ首長国連邦大使館が至近のビルなのでした。

 アラブストリート、いいかんじ。

 あーーアラブの玉ねぎだ。

モスクは、中に入れなかった。残念!
周りをぐるぐる回って、金色の玉ねぎを眺めただけだった・・・でも代わりにいいビル見れたもんね!

 向かいの食べ物屋さんを覘く。

 美味しそうだけど、売り切れだった!(昼時)

 仕方ないので地元のカレー屋さんへ

 あっさりナンとカレーのお昼をいただきました。



シンガポール年越し 2017→2018 (5)に続く